高級志向でブランドを確立したハーゲンダッツ

高級志向でブランドを確立したハーゲンダッツ

コンビニで人気の商品といえばアイスクリーム。夏場だけでなく最近は冬場でも安定した人気を誇る商品です。
アイスクリーム売り場を見ていると、他の商品よりも高価格で売られている商品があることに気づきます。それこそが高級アイスクリームというブランドを確立することでビジネスに成功したハーゲンダッツです。

 

 

ハーゲンダッツのアイスクリームは、他の商品と比べて約2倍の価格で販売されています。それでもなおハーゲンダッツが売れるのは、高い品質を提供してくれるブランドであるからに他なりません。美味しいというイメージを消費者に浸透させることで高価格商品の売り上げを伸ばし、他の商品との差別化に成功したのです。
ハーゲンダッツは、自社のブランドを守るために徹底して品質にこだわっています。最高品質のミルクを求めて土壌改良から始める徹底したこだわりによって、高価格でも納得して購入してもらえる高品質のアイス開発に成功しています。アイスに用いるフレーバーにも妥協は一切なく、最高品質を求めて専任の担当者が世界中を飛び回って材料を調達しています。

 

 

徹底したこだわりは、製品の製造段階だけではありません。アイスクリームの品質管理で最重要課題である流通にも徹底した品質管理が導入されており、倉庫保管時はマイナス26度、トラック輸送時はマイナス20度、店頭販売時にも厳しい基準を満たした温度管理ができる店舗でなければ販売を認めないというこだわり用です。

 

 

このような徹底した品質へのこだわりによって、ハーゲンダッツは単なる一アイスクリームではなく、高い品質が保証されたプレミアムアイスクリームというブランド価値の確立に成功しました。ブランディングの基本は徹底した高品質、という基本中の基本に沿った戦略が成功したブランド戦略事例です。